専業主婦お金借りる 専業主婦と総量規制

専業主婦と総量規制について

専業主婦の方も金融機関から借入をしたいと思うことがあると思います。金融機関のカードローンの申し込み条件を見ると、「本人に安定継続した収入があること」が条件となっていて、専業主婦は申し込めない場合がほとんどです。特に、消費者金融などの貸金業者は総量規制の対象になっているので専業主婦には貸し付けをしない場合が多くなっています

 

総量規制というのは、貸金業者は借り手の年収の3分の1までの金額しか貸付をしてはいけないという決まりです。これは、消費者を、多重債務などで経済的に困窮するという状況から守るという目的で施行されたルールです。ただし、この総量規制には幾つかの例外がありその例外の中に「配偶者の年収と合わせた額の3分の1までの貸付」は可能というものです。ですから、自分に全く収入のない専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば申し込んでお金を借りることができます。ただし、契約には、本人確認書類の他に、配偶者の同意書と婚姻関係を証明する書類の提出が必要になります

 

 

消費者金融の中で、この総量規制の例外を適用して、専業主婦にも貸し付けをしている所はごくわずかです。専業主婦が借入をする場合は通常より多くの書類の提出が必要なので、大手の消費者金融では、書類の確認作業などにかかる手間やコストを避けるため、専業主婦には貸し付けをしていません。専業主婦にも貸し付けをしているのは、中小のレディースローンのみとなっています。

 

それに対し、銀行や信用金庫は貸金業者ではないので総量規制の対象ではなく、年収の3分の1を超える金額でも借り入れることができます。専業主婦にも貸し付けをする銀行カードローンもあります。たとえば、楽天銀行、イオン銀行、三菱東京UFJ銀行、じぶん銀行などのカードローンなら専業主婦も申し込みができます。借入限度額は高いところでも50万円程度になっています。銀行のカードローンは金利も低く、銀行ということで安心感があります。また、専業主婦でも、本人確認書類だけで契約ができます。