専業主婦お金借りる 審査

審査について

銀行や消費者金融のカードローンを利用したい時は、審査があって審査に通らないと借入ができません。この審査は、借り手の返済能力と信用性を確認するためのもので、お金をかす金融機関にとっては重要なプロセスとなります。

 

審査には仮審査と本審査があります仮審査は、コンピューターで自動的に行われるので、自動審査可能な時間帯に申し込めば、ほんの数秒で結果が分かります。審査の仕方は、申し込みフォームに入力された情報を点数化して、一定の点数に達した人が仮審査に通るようになっています。審査のポイントは、年齢、職業、勤務先、雇用形態、勤続年数、年収、住居、現在までの借入状況等です。

 

職業は公務員などの収入の安定した人が最もポイントが高くなります。職場は安定し実績のある企業、勤務形態は正社員が最も有利です。もちろん、パートやアルバイトの方でも安定した収入があり、勤続年数が長ければ一定の評価を得られます。年収は自己申告なのでそれほど重要なポイントにはなりませんが、だからといって実際よりもはるかに多い数字を書くとすぐに嘘だとわかってしまい審査には通らないので、正直に書きましょう。住居は、持ち家の方が賃貸よりもポンイントが高くなります。賃貸の場合なら居住年数が長い方が有利です。また、電話も携帯電話だけよりは、固定電話があった方が有利ですし、独身の方は一人暮らしよりも、両親と同居していた方がポイントは高くなります。

 

また、最も重要なのは今までの借入状況で、債務整理や延滞の記録が信用情報機関に残っていると審査には、ほぼ通りません。また、申し込みの記録も6ヶ月間保存されるので、短期間に立て続けに申し込むと、よほどお金に困っているとみなされて、審査には通りにくくなります。また、申し込みフォームに借入件数と借入残高の総額を書く欄がありますが、そこには正直に書いてください。金融機関は自分が会員となっている信用情報機関に確認しますので、嘘を書くとすぐにわかって審査には通りません